「神葬祭」とは神道の形式で行なわれる葬儀の事を言います。
神道では、人は亡くなった後も、その霊魂は不滅であり、お祀りされた「みたま」は、我々子孫をお見守り戴く「祖霊神」として、永く久しくお鎮まりになると考えます。
「神葬祭」では、祭詞を奏上して、故人の生前の功績をたたえ、遺徳を偲ぶとともに、その後の「祖霊祭」亡くなられた方の「みたま」を丁重にお祀りすることを大切にします。

お問い合わせ

栗山天満宮社務所

〒069-1501

北海道夕張郡栗山町桜丘2丁目32番地1

 

TEL: 0123-72-1370

FAX: 0123-76-9251